ファウンダー・相談役プロフィール

佐野光德(さの みつのり)職歴

1952
大阪生まれ
財団法人大阪国際フェスティバル協会、株式会社梶本音楽事務所、株式会社高柳音楽事務所などを経て1981年、クラシック音楽のマネジメント会社「株式会社ナサ・アーティスツ・ビューロー」を設立(1985年には社名を「株式会社ナサ」に改名)。
1981
井上頼豊、堤剛、藤原真理、安田謙一郎をはじめとした斉藤秀雄先生の門下生28人を集めた「斉藤秀雄先生を偲ぶチェロ・グランド・コンサート」をプロデュース。これがサイトウ・キネン・オーケストラのきっかけとなる。
1985
広島被爆40年目に、レナード・バーンスタインを音楽監督とする“広島平和コンサート~世界巡礼の旅(広島・アテネ・ウィーン・ブタペストで開催)”を企画し世界的な反響を呼ぶ。この公演はヴァイオリニスト五嶋みどりの日本デビュー公演となる。
1990
レナード・バーンスタインオフィスの代表より、アジアでの教育音楽関係の可能性について相談を受け、“パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)”をプロデュース。当初、北京・上海で開催の予定が、天安門事件のため企画を断念。ローマにて、レナード・バーンスタイン氏と、バーンスタインオフィスエグゼクティブプロデューサーのハリー・クラウト氏に、日本の札幌で開催することを提案し、決定。第1回の企画運営全般の総合プロデューサーとして指揮を執る。第2回からは運営を札幌市に移管し、2003年第14回まで企画担当コーディネーターおよびアドバイザーを務める。また、PMFファンデーション・ニューヨーク本部の副理事長を務める。
1991
レナード・バーンスタインオフィスの代表より、アジアでの教育音楽関係の可能性について相談を受け、“パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)”をプロデュース。当初、北京・上海で開催の予定が、天安門事件のため企画を断念。ローマにて、レナード・バーンスタイン氏と、バーンスタインオフィスエグゼクティブプロデューサーのハリー・クラウト氏に、日本の札幌で開催することを提案し、決定。第1回の企画運営全般の総合プロデューサーとして指揮を執る。第2回からは運営を札幌市に移管し、2003年第14回まで企画担当コーディネーターおよびアドバイザーを務める。また、PMFファンデーション・ニューヨーク本部の副理事長を務める。
1995
株式会社ナサの代表取締役を退き、「株式会社クリスタル・アーツ・プランニング」を設立。
2001
21世紀の年明け1月1日から、弱冠12歳であった五嶋龍のデビューリサイタルをプロデュース。同一ホール、同一プログラム連続10回公演にもかかわらず全公演チケット即日完売。
2002
社団法人日本クラシック音楽事業協会会長就任(2007年退任)。
2003
ワールドカップ開催一周年記念公式イベントを、2日に渡り大会閉幕の地、横浜で開催。
2004
株式会社クリスタル・アーツ・プランニングを株式会社クリスタル・アーツに改名。
2005
NHK放送80周年記念番組「被爆60年 平和巡礼2005」の企画プログラムをプロデュース、広島平和記念公園を毎年8月6日行われる平和記念式典以外で初めて使用。長崎では浦上天主堂でコンサートが開催された。
これまで、佐渡裕、五嶋みどり、佐藤しのぶ、五嶋龍、シエナ・ウインド・オーケストラを始め国内外で活躍する数多くの日本人アーティストを世に送り出している。
また、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団、ローマ・サンタチェチーリア国立アカデミー管弦楽団(初来日)、ロンドンシンフォニー、18世紀オーケストラ、BBCフィルハーモニック、ベルリン・ドイツ交響楽団などの著名オーケストラや、レナード・バーンスタイン、クリスティアン・ティーレマン(初来日)を始めとする著名指揮者、トーマス・ハンプソン(初来日)やクリスタ・ルートヴィヒ、エマーソン・カルテット(初来日)を始めとする著名音楽家の招聘にも枚挙に暇がない。
さらに、「佐渡裕のヤング・ピープルズ・コンサート」や「サントリー1万人の第九」等、数々のイベントをプロデュースした。
2018年7月20日に株式会社クリスタル・アーツの代表取締役社長を辞任し、相談役に就任。
現在
SBI子ども希望財団評議員
一般財団法人河合隼雄財団評議員
堺市民芸術文化ホール エグゼクティブ・プロデューサー
トップへ戻る